千歳リハ大 健康コラム

エントリー

2018.05.24 更新

「信じる者は救われる?」

先日、自宅に宗教の勧誘が来て、話を聞く機会がありました。その方のお話は、「信じる者は救われる」という内容でした。
ところで、最近、認知症が話題に上がることが本当に多くなりましたね。
私は、認知症になることは決して珍しいことではなくなったということだと思っています。
「どんなに予防を行っても、認知症になるときはなってしまうものだ」と思い込むことも大切なのかもしれません。
とはいうものの、どんなことが予防につながるのかは知っておきたいものです。
今日のコラムでは、認知症発症リスクを軽減する因子を調べた研究をご紹介します。
世界中の認知症の論文(約650編)をまとめた研究です。
【~18歳】
・8%リスク軽減:十分な教育を受ける(義務教育)こと
【45~65歳】
・9%リスク軽減:難聴がないこと
・2%リスク軽減:高血圧でないこと
・1%リスク軽減:肥満でないこと
【65歳~】
・5%リスク軽減:喫煙していないこと
・4%リスク軽減:うつがないこと
・3%リスク軽減:運動をすること
・2%リスク軽減:独りぼっちではないこと
・1%リスク軽減:糖尿病ではないこと
(Livingston G et al. LANCET, 2017)
すべてを忠実に信じ、実行することはかえって不幸せになるのかもしれません。
みなさんは何を信じますか?

キーワード

新着記事

教員

テーマ

アーカイブ

PICK UPPICK UP
  • 学びの特色
  • 受験リハ大受験生サイト
  • 作業療法士
  • こどもカフェ
  • 健康増進教室
  • 千歳リハ大健康コラム
  • 卒後教育
  • 北海道千歳リハビリテーション科学学会
  • ボランティア被験者募集