千歳リハ大 健康コラム

エントリー

2018.08.15 更新

今年は例年にない猛暑で、みなさん沢山汗をかいているのではないでしょうか。
今回は、汗について東洋医学的観点から考えてみます。
汗は身体が熱い時に出ます。身体はある一定の熱をもっているので、身体からはいつも目に見えない熱気が出ていると東洋医学では考えられています。
身体の熱がある程度を越えると、熱気は形を変えて液状になり、汗となります。気体の状態で発散するのでは間に合わないほど、熱気が強いためです。
熱気がさらに強くなると、身体は液状の汗の形で熱を発散するのでは間に合わなくなり、いわば固体状にしてそれを身体から出します。それが湿疹という形です。湿疹が赤いのは、つまり熱をもっている証拠です。
汗は、体熱をある一定の状態に保つためのものです。そのため昼間活動している時に汗の出るのは理にかなっています。睡眠中も身体は静かに活動しているので、軽く汗をかきます。
しかし、夜寝ている時の異常な汗は問題です。それは睡眠中にも身体のどこかが異常な熱を出しているからで、夜の発熱を抑える身体の芯(内臓)にどこか力の弱いところがあることを示しています。
汗の出る部位は、人によりまちまちです。頭、あるいは首、顔、腰、掌、足の裏など、あるいは全身からも汗は出ます。また歳を重ねるにしたがい、あるいは身体の調子により、汗をかく部位が違ってきます。
しかし、汗は、出る部位よりも、その質が問題です。汗の質はさらさらしたものほどよく、肌にまとわりつくようなものは、身体に力がなく出る汗ということで異常です。精神的な緊張からも汗は出ますが、これは環境に左右される弱点が身体にあることを意味し、この汗もべとつきます。
このように、自身の健康を維持していくには、汗の質にも意識してみるといいかもしれませんね。特に汗が出やすい季節ですから。

キーワード

新着記事

教員

テーマ

アーカイブ

PICK UPPICK UP
  • 学びの特色
  • 受験リハ大受験生サイト
  • 作業療法士
  • こどもカフェ
  • 健康増進教室
  • 千歳リハ大健康コラム
  • 卒後教育
  • 北海道千歳リハビリテーション科学学会
  • ボランティア被験者募集