コンテンツ飾り
ホーム > お知らせ

2014年7月23日

健康増進教室・スポーツ障害予防教室の様子をお知らせします

急に蒸し暑くなる日もありますが、みなさん夏バテや熱中症には十分お気をつけください。
 
本日は、学院で行っている「学院開放事業」の取り組みを二つご紹介します。
 
■健康増進教室

kenkouzousin1 kenkouzousin2 kenkouzousin3
この教室は中高年の方を対象としており、月に1~2回、身体運動機能や脳力の評価と、その結果に応じたトレーニングを行っています。
身体運動機能の評価では、体前屈や10m歩行、片脚立ちなどの測定で柔軟性やバランス、筋力のチェックを行います。
また、生き生きした毎日を送るためには認知面の健康も欠かせません。そのため、瞬時の判断力向上や、反応までの時間短縮を目指す“脳力トレーニング”も取り入れています。
参加者の方には、定期的に行われる評価に基づき、強化が必要なトレーニングプログラムに複数参加していただいております。
 
kenkouzousin4 kenkouzousin9 kenkouzousin6
トレーニングの指導にあたっているのは本学院の教員ですが、毎回多くの学生が手伝いとして参加しており、「地域リハビリテーション学」の実践の場、そして地域の方々との交流の場となっています。
参加者の方からは、「運動をしてこなかった者にとって個別対応のプログラムはとてもありがたく本当に参加してよかったと思っています。」「バランスを崩した時に生徒さんが支えてくれますので、思いっきり運動できました。」「筋力や、ストレッチの重要性が学べてよかったと思っています。若人とのトレーニングも楽しいものでした。励みになりました。」という嬉しいお言葉をいただいております。
 
 
■スポーツ障害予防教室
syougaiyobou1 syougaiyobou2 syougaiyobou3
こちらは、部活などでのケガ予防を目的とし、千歳市近郊の中学生・高校を対象に行っています。
柔軟性や筋力を測定し、個々の弱点をチェックしながら、ケガをしにくい身体作りのお手伝いをしています。
 
 
これらの学院開放事業は、「地域連携」の取り組みの一つとして昨年度から実施しております。

コンテンツ飾り