コンテンツ飾り

理学療法学科 作業療法学科

OT/作業療法学科

作業療法で生活動作の回復と自立を支援する専門職

作業療法士の仕事は、食事や排泄、着替え、買い物といった日常生活に必要な作業や活動が行えるようにすることです。リハビリテーションを理解する知識の基礎固めをしながら、 豊富な実習などを通して作業療法の方法論や実践的な技術を習得し、医療専門職に求められる優れた人格と人生観も同時に磨きます。

作業療法学科の特色
作業療法を基本から実践まで習得

作業療法では、失われた機能を補完する方法や訓練法や器具を考え、訓練を通して障がいのある人たちが本来持っている機能を高めたり、家庭や職場へのいち早い復帰を目指します。リハビリに積極的に取り組めるように、手工芸などさまざまな趣味的活動も取り入れられています。また、作業療法士の専門領域である精神障がいのリハビリでは、患者さんの社会適応力を育てながら心身の自立もサポートします。

作業療法学科では、治療に用いる多様な「作業」を障がいに応じて的確に選択できるよう、作業一つひとつの科学的な裏付けを学び、分析手法を身につけます。実習では作業の実際の動きを体感し、機能評価に欠かせない検査の練習も行い、患者さんの状態を理解し臨床的な技能を習得します。

作業療法士になるまでの流れ

STEF(上肢機能検査)の実習
ボールや布、ビンなど10種類の道具を所定の場所に移動する秒数を計って、腕の機能の状態を把握します。
反射検査の練習
腱をハンマーでたたいて反射を調べます。場所がずれると正しい結果が得られないので、繊細さが必要です。
ペグボードの実習
細長い棒を穴に入れるペグボードで手指の動きを調べたり、つまむ・離すなどの運動機能を高める訓練をします。
頚部側屈の関節可動域測定
ゴニオメーターと呼ばれる測角器で、関節がどのくらい動くかを測り、関節の可動域を把握します。
総合演習の授業
不安定なバランスボールに座り、姿勢が崩れると食事がしにくいことを体感し、患者さんの身体状態を疑似体験します。
眼球運動検査の練習
指先に注目してもらいながら指を移動させ、目の動きがスムーズかどうかを調べます。
ネット手芸の実習
針と糸を用いた細かな作業を必要とする手芸を通して、手指の巧緻性を高める訓練を行います。
カリキュラム
総合力と応用力を高め、国家試験に万全の準備

作業療法学科の1年次はセラピストとしての土台づくりが中心です。理学療法学科と作業療法学科共通の履修科目で、医療専門職「コ・メディカル」として必要な医学の基礎的な知識を身に付けます。作業療法学科の独自科目「総合基礎」では、科学的な思考やコミュニケーション、社会的な事象についてクラスメートと議論しながら考察を深め、医療専門職に必要な総合力を培います。

臨床実習は2年次に3週間、3年次に計15週間あり、応用力を高めます。1年次後期にも1週間の臨床見学実習を実施して、学生が現場を知り、早い時期から作業療法士という職種をイメージできるようにしています。

作業療法学科の
主な履修プログラム
1年次 2年次 3年次
科学的思考の基盤と基礎    
人間の生活    
人体の構造と機能    
人体の運動    
心身の発達    
保健医療福祉とリハビリテーションの理念    
疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進  
基礎作業療法学
医学演習
臨床見学実習    
作業療法評価学  
作業療法治療学    
地域作業療法学    
評価学実習    
治療学実習    
田中 昌史
作業療法学科 学科長
久保 勝幸
(作業療法士)

リハビリテーションの専門職の中で、人の気持ちをきちんと捉えることが最も求められる…

作業療法学科 学科長久保 勝幸(作業療法士)

PROFILE 北海道大学医療技術短期大学部作業療法学科卒業/明星大学人文学部心理・教育学科卒業/明星大学大学院人文学研究科教育学専攻修士課程修了 修士(教育学)/ 北海道作業療法士会 総務部長
職歴 上砂川町介護老人保健施設/医療法人ひまわり会札樽病院
学習要項(シラバス)

平成28年度版の学習要項(シラバス)をPDFでご覧いただけます。


学習要項(シラバス)※PDFが開きます。

 

コンテンツ飾り