コンテンツ飾り
ホーム > 理学療法学科 作業療法学科 > 療法士という仕事

理学療法学科 作業療法学科

療法士という仕事

多職種が関わるチーム医療の重要な一員
多職種が関わるチーム医療の重要な一員

入院治療から退院後の生活までも考えるトータルな全人的医療を目指し、現代の医療現場ではセラピストをはじめさまざまな専門職がチームとなって患者さん一人ひとりを診ています。高齢社会の進行もあり、セラピストの働く現場は患者さんの自宅や福祉施設など、福祉や在宅サービスの分野に広がっています。

理学療法士と作業療法士では重なる領域はあるものの、基本的にリハビリの目的や手法が異なります。専門領域として理学療法はスポーツ障がい、作業療法は精神障がいが挙げられます。





理学療法士(PT)に求められるもの
機能回復に重要な精神的ケア
機能回復に重要な精神的ケア

豊富な知識と確かな技術は、優れた理学療法士の条件です。しかし、それらが効果を上げるのは、患者さんのやる気があってこそ。突然倒れて気づいたときには体がマヒしている脳血管障害では、患者さんは自分の障がいをなかなか受容できず、リハビリに前向きになれないケースも多く見られます。ショックを受けている人の気持ちに寄り添いながら、やる気を引き出してリハビリの効果を高めるテクニックも、理学療法士になくてはならない要素。豊かな人間性が求められる理由です。

おおまかな仕事のながれ

療法士の活躍するステージへ

作業療法士(OT)に求められるもの
効果的な作業を厳選する科学的分析
3年制が選ばれる理由

工芸やレクリエーションなどの作業療法は楽しみながらリハビリの効果を上げるのが目的ですが、ただ患者さんの好きなことをしてもらえばよいわけではありません。作業選択の裏には患者さんのどの機能をどのように訓練するかという冷静な分析があります。腕の上がらない人に腕を上げる作業をしてもらうときは、腕上げに使う筋肉を把握した上で、その筋肉を動かすために最適な作業を選び出します。この分析力こそ作業療法士になくてはならない要素。工芸などの技能よりも、科学的な分析力が重要になります。

おおまかな仕事のながれ

療法士の活躍するステージへ

コンテンツ飾り