コンテンツ飾り
ホーム > 資格・就職 > 療法士が活躍するステージ

資格・就職

療法士が活躍するステージ

病院に限らず、福祉や在宅サービスへも広がる活躍の場

リハビリの内容や提供の形態は、急性期・回復期・維持期の3つに大きく分けられる患者さんの状態で変わり、セラピストの専門性も異なります。リハビリの重要性が広く認知されるにしたがい、理学療法士・作業療法士の活躍の場は広がっており、福祉や在宅サービスの分野でも多くの先輩が働いています。

活躍の場
医療機関 整形外科 骨折や捻挫、リウマチ、膝関節炎などで入院や通院している患者さんで、筋力低下や歩行障害、疼痛、関節が固くなる関節拘縮などに対し、運動療法や物理療法、日常生活の動作練習などのリハビリテーションを行います。
脳神経外科 主に脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患で入院した患者さんには、発症から間のない急性期でリハビリテーションを開始します。日常生活に必要な動作を取り戻して筋力や体力低下、関節拘縮といった二次合併症を防ぎます。
内科 長期療養病床の病棟で、長期に入院している患者さんの筋力や運動機能を維持するリハビリテーションを行います。また、メタボリックシンドロームの予防をはじめ、糖尿病や心臓疾患などの内科系疾患に対するリハビリテーションが行われます。
神経内科 脳血管障害、パーキンソン病、アルツハイマー、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの患者さんに行うリハビリテーションで、筋力や日常動作の維持のほか、いきがいを見つける心のケアも担います。
精神科 入院患者が家庭や職場に復帰するためのリハビリテーションを作業療法士が行います。通院患者にはプログラムが組まれたデイケアや、職場環境を疑似体験するリワークオフィスで、人間関係づくりや就労に備えた練習を行います。  
小児科 発達に遅れがある、コミュニケーションがうまく取れないなどの問題を抱える子どもや、脳性まひやダウン症、脳外傷後遺症の子どもを、理学療法士は運動練習で、作業療法士は発達を促す遊びのリハビリテーションで支援します。
保険福祉介護などの機関 行政関連施設 自治体の保健所や保健センターなどで、保健師や看護師、栄養士などとともに、地域住民に対して健康の意識啓発活動や教育研修などを行います。
児童福祉施設 18歳未満の身体・知的・精神障害児が通所または入所する施設で、運動機能の低下を防ぎ、生活に必要な動作を練習するリハビリテーションを理学療法士・作業療法士が行います。
高齢者施設 通所施設のデイサービスセンターや、入所施設の老人保健施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホームなどで、加齢により低下する運動機能の維持・向上に、理学療法士・作業療法士がリハビリテーションを行います。
身体障害者
更生援護施設
入所している重度身体障害者に必要な治療や練習を行う施設で、自助動作機能の回復が見込める人を対象に、理学療法士・作業療法士がリハビリテーションで更生を支援します。
精神障害者
社会復帰施設
精神病院を退院した人に生活の場を提供したり、社会復帰に備える練習を行う施設で、作業療法士が生活や就労のためのリハビリテーションを行います。  
居宅サービス
事業所
医療や介護が必要な高齢者や障がい者の自宅に出向いて、リハビリテーションを行います。ヘルパーの「訪問介護」、看護師の「訪問看護」のように、理学療法士・作業療法士のサービスは「訪問リハビリテーション」と呼ばれます。
研究教育などの機関 研究機関 障がいを持った方々にも住みよい住環境や社会環境を整備するための研究、利用しやすいリハビリテーション機器や義肢・装具の研究など、リハビリテーション分野を拡げる研究を行っています。
教育機関 理学療法学科・作業療法学科のある大学や養成校に教員として勤務し、知識や技術を教え、資格取得や就職指導を行います。教員になるには、5年以上の臨床経験が必要です。
スポーツ
トレーナー
プロスポーツチーム所属やアスリート専属のトレーナーとしてスポーツ選手が練習や試合に万全な体制で参加できるようにサポートしたり、健康づくりのインストラクターとして一般の方を指導します。  
その他 国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊や医療支援NGOなどへの参加をはじめ、理学療法士・作業療法士は医療・福祉に限らない幅広い分野で活躍しています。
コンテンツ飾り