コンテンツ飾り
ホーム > キャンパスライフ > 在学生の声

キャンパスライフ

在学生の声

千歳リハの魅力とは

校風や学内の雰囲気を知るには、在学生に話を聞くのが一番です。学生に千歳リハについて語ってもらいました。

理学療法学科
興味深い講義で勉強に集中

現役セラピストの講師陣は臨床の具体例が多く、分かりやすくて楽しいです。学生の視野を広げてくれる外部講師の講義も興味深く、地域包括ケアの訪問リハで活躍する講師の話から、PTが地域貢献もできることを知りました。もちろん、一緒に学んでいるクラスメートは、なにより大切な存在です。


先輩の話を聞ける授業が興味深かったです

関節可動域測定や徒手筋力検査といった実技は、覚えることがたくさんあって苦労しました。病院実習のまとめの授業では、3 年生と一緒にディスカッション。レベルの高い話し合いができ、実習や学校生活に関する体験談も聞けました。

作業療法学科
刺激になる仲間の積極性 卒業生の講義で苦手を克服

周囲に誘惑するものがないので学校では勉強に集中、遊ぶときは南千歳や札幌へ。学生生活にメリハリをつけられるのが千歳リハのいいところです。

授業に積極的なクラスメートから刺激を受けています。真剣に講義を聞いて疑問点はすぐ質問し、休み時間も講師を囲んで分からないところを尋ねたりと、本当に熱心です。

リハビリの基礎でありながら苦手な人が多い解剖学は、千歳リハの卒業生の方々が放課後に講義を実施。私も週1回3カ月ほど参加して復習しました。


仲間との助け合いで苦労を乗り超えました

福祉科の高校で介護福祉士の資格を得ましたが、治療する立場になりたくて千歳リハへ。基礎となる「解剖生理学」は聞き慣れない単語ばかりで苦労の連続。丸暗記ではなく内容理解が不可欠で、仲間との助け合いで乗り越えました。

コンテンツ飾り