コンテンツ飾り
ホーム > 学院案内 > 卒後教育

学院案内

卒後教育

卒業後のキャリアアップを生涯教育で支援

千歳リハでは、卒業生対象にさまざまな学習機会を設けて、セラピストとしてのキャリア教育を行っています。講師は仕事上の相談にも対応し、大学院などへの進学希望者には学びの先輩として助言も行います。また、在学生が参加できる勉強会では、第一線に立つセラピストが学生たちの向学心に良い刺激を与えています。

定期的な勉強会
セラピストとしての成長を促す機会を提供

道内各地で開催する勉強会やセミナー、卒業生が職場単位で参加する症例検討会、最新の知識を吸収する英文抄読会などを実施しています。千歳リハの同窓組織「学友同窓会」では毎年2回の勉強会を開催し、卒業生の意向をくんだタイムリーなテーマ設定と他にないリーズナブルな参加費で、毎回高い評価を得ています。

※ 卒後支援講習会の詳細はこちら

定期的な勉強会
学術論文や研究発表
論文や発表に千歳リハのリソースを活用

学術論文や学会発表は日々の学びの成果です。新しい理論や気づきは、理学療法・作業療法のプロフェッショナルたちの中で共有されます。千歳リハの卒業生も専門職として自らを磨くため、業界誌への論文掲載や学会発表を行っています。講師陣の指導を受けたり、同窓のネットワークを活用するケースもよく見られます。

雑誌掲載一例
著者名(卒業年度 所属) 論文タイトル 雑誌名(発刊年)
家入 章さん 他
(平成18年度卒業 10期生 えにわ病院)
人工股関節全置換術後の
健康関連QOLに対する影響要因
〜階層的重回帰分析を用いた検討〜
北海道理学療法 28
(平成23年)
《北海道理学療法学術奨励賞》
金田 直樹さん 他
(平成18年度卒業 10期生 北海道立
子ども総合医療・療育センター)
脳性まひ児の電動車いす
処方調査
〜北海道立子ども総合医療
・療育センターの現状〜
北海道理学療法 30
(平成25年)
高橋 由依さん 他
(平成20年度卒業 12期生 愛全病院)
大腿骨頸部骨折および
脳血管障害者でのブリッジ運動と
動作能力の関連性
理学療法科学 29
(平成26年)
小島 孝郎さん
(平成14年度卒業 3期生 札幌秀友会病院)
行動観察による高次脳機能
評価表作成の試み(第1報)
北海道作業療法 29
(平成24年)
林 哲也さん
(平成22年度卒業 11期生 八雲病院)
筋ジストロフィー患者のIT支援の
実践
北海道作業療法 31
(平成26年)
学会発表一例
著者名(卒業年度 所属) 論文タイトル 学会名(開催年度)
宮城島 一史さん 他
(平成18年度卒業 10期生 えにわ病院)
腰椎固定術後1年の健康関連QOL
影響する術前因子の検討
北海道理学療法士学術学会
(平成25年)
大川 麻衣子さん 他
(平成22年度卒業 14期生 札幌山の上病院)
人工膝関節全置換術後における
立ち上がり機能に影響を
及ぼす因子について
日本理学療法学術大会
(平成26年)
伊藤 俊貴さん 他
(平成21年度卒業 13期生 北斗病院)
変形性膝関節症患者に有効な
歩行修正パターンの検討
日本理学療法学術大会
(平成26年)
宝田 光さん
(平成21年度卒業 10期生 旭川圭泉会病院)
精神科通所リハビリテーションに
おける終末期患者への介入
〜家族への想いが活動意欲に繋がった
アルツハイマー型認知症者を通して〜
日本作業療法学会
(平成24年)
佐藤 萌美さん 他
(平成21年度卒業 10期生 旭川圭泉会病院
デイ・ナイト・ケアセンターひまわり)
デイケア作業療法における
家族支援の一例
北海道作業療法学会
(平成25年)
《北海道作業療法学術奨励賞》
三倉 裕加さん 他
(平成24年度卒業 13期生 札幌秀友会病院)
当院での実車評価の取り組み
(第一報)
〜Road Testと指導員評価の関連〜
北海道作業療法学会
(平成26年)
このほか、理学療法学科・作業療法学科の卒業生に多数の実績
学院長福田修
副学院長 学務部長
信太 雅洋
(理学療法士)
卒業後もセラピスト人生を支援します。

学校は卒業するまでというイメージがありますが、PTやOTには生涯学習が必要です。特に卒業し国家資格取得から間もない新人教育が重要で、日本理学療法士協会や日本作業療法士協会でも体系的に卒後の生涯学習を実施しています。

本学院はいち早く同窓会を組織立てて研修会を行い、学院主催の勉強会や研修会も実施しています。さらにインターネットを通じた勉強会も開催しています。セラピスト養成校が急増しているわが国において、本学院は入学から在学中、さらに卒業後まで生涯に渡って、学生たちがセラピスト人生を歩む傍らにいつも存在する学校でありたいと考えています。

副学院長 学務部長信太 雅洋(理学療法士)

PROFILE 北海道大学医療技術短期大学部理学療法学科卒業、信州大学大学院工学系研究科修士課程修了 修士(工学)。
北海道理学療法士会副会長、北海道理学療法士会表彰審査委員会委員、(社)日本理学療法士協会学術大会部員、(社)日本理学療法士協会ガイドライン委員会ガイドライン部会員、NPO法人HPT訪問看護ステーションポット東理事、北海道肢体不自由児者福祉連合協会評議員。
職歴 函館赤十字病院理学療法課
医療法人社団平成醫塾 苫小牧東病院(リハ科長)
コンテンツ飾り